適切な対応が必要

いくら弁護士が対応したとしても、被害者の方が適切な対応が必要になるのは間違いありません。通院期間は長いほど慰謝料が高額になっていくものです。これは精神的な肉体的苦痛による損害が大きくなると考えられるからで、通院をサボってしまうのは大きなマイナスになります。入院日数に関しても同様に期間が長くなるほど慰謝料額は高額になるものです

休業損害の有無や後遺症の有無についても大きく慰謝料額に関係していきます。そして、過失割合の有無についても注目すべき点です。慰謝料額を左右する要素を理解し、その上で適切な対応をしないと、満足ができる結果とはならないでしょう。

これらの点についても弁護士に依頼しての対応ならしっかり説明をしてくれます。慰謝料額を高くするためには何をすべきか分かっている弁護士がサポートしてくれる意味は大きいです。か特に後遺障害が残った場合や死亡した場合は弁護士の存在の意味は大きくなっていくのは間違いありません

加害者側のペースで話を進めてしまうとほぼ間違いなく損をする結果となります。損をしたと実感しないように話を進めるテクニックも加害者側はしっかり考慮しているため、弁護士が対応する意味は大きいといえるでしょう。


Back to Top