慰謝料を決める基準

交通事故の被害に遭った場合の慰謝料を決める大きなポイントになるのは自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準の3つの基準です。自賠責基準は最低限の補償基準となっており、加害者の保険会社が提示してくるのは自賠責基準と認識して問題ありません。

任意保険基準に関しても自賠責基準では補えない部分を補償することを目的とはしているものの、保険会社で基準が異なるあやふやなものです。そして弁護士基準の場合は裁判所の考えや判例などを参考にし、慰謝料額の算定基準として運用されており、初めて適正な慰謝料を請求できるものとなります。

そのため、慰謝料額を増額したいと考えるのなら、弁護士に依頼しての対応が望ましいです。弁護士基準での慰謝料となるため、本当の意味で満足ができる結果となるでしょう。慰謝料を決める基準について何も知らなかったのなら、保険会社が提示する慰謝料額に満足をしていた可能性も否定はできないでしょう。

もちろん、保険会社との交渉についても全て対応してくれて、必要な資料を用意してくれるのも嬉しいポイントになります。安心して治療に専念ができる理由にもなるでしょう。弁護士費用がかかっても、十分依頼するだけのメリットはあります。


Back to Top